「国家の解剖」: New Japanese Translation of Rothbard’s ‘Anatomy of the State’

[Cross-posted, with edits, from the Mises Economic Blog]

New Japanese Translation of ‘Anatomy of the State’

Thursday, April 3rd, 2014
Murray Rothbard’s Anatomy of the State [available here free in English] is now available in Japanese, thanks to [Tokyo Liberty Club member] Tatsuya Iwakura,  as an ebook at Amazon .
[Ed.: Iwakura-san’s explanation of the book is as follows:
マレー・N・ロスバードは無政府資本主義のリバアリアンとして知られている。彼は本書「国家の解剖」で自身の国家観を明らかにしている。以下に、ミーゼス研究所の紹介文を引用する。----------
これはロスバードの国家の見方の簡潔な説明を与える。 フランツ・オッペンハイマーとアルバート・ジェイ・ノックに続いて、ロスバードは、国家を略奪する存在であると見なす。むしろ 生産に従事しているものから資源を盗む以外に、それは何も生産しない。 この視点をアメリカ史に適用する際に、ロスバードははジョン・C・キャルホーンの研究を利用する。このタイプの組織はどうしたらそれ自体を支えることができますか? それは、政策の大衆の支持を引き起こすのをプロパガンダに従事しなければなりません。 法廷の知識人はここで重要な役割を果たし、ロスバードは最高裁判所が崇拝する場所になっている方法で、イデオロギーの神秘化の例として有力な法理論家 チャールズ・ブラック・ジュニアの研究を引用する。
----------

目次は以下の通り

国家ではないこと
国家であること
国家が自身を保護する方法
国家がその限界を越える方法
国家が恐れること
国家が互いに関係する方法
国家権力と社会権力の争いとしての歴史

Iwakura-san’s translations of other Austrian/libertarian works, by Mises, Rothbard, Hoppe and others, are at Amazon here]

71TkjRAJjsL._SL1490_

 

About TokyoTom

Unconventional Right-leaning enviro-libertarian. Anti-corporatism/-govt-enabled MoralHzd/risk-shifting; pro-property-rts (for indigenous too). A founder of #WBOS; founder of #FOTB, #WHATPG, #CurC and #BMT. Yes, I actually reside in Tokyo, though the whole universe is my playground. MAIN blog: tokyotom.freecapitalists.org/ Twitter activity: https://www.rebelmouse.com/TokyoTom/ Law blog: blogs.law.harvard.edu/tokyotom/
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply